岩手県一関市にある「亀の子せんべい本舗大浪」の煎餅がめっちゃ好きです!

実家の近所という事もあり、昔からよくお店には行ってました(”ω”)ノ

今も、実家に帰るたびに寄ってますよ。

 

亀の子せんべいとは?

時代は明治の中頃、青森のおせんべい屋で修行をしていた創始者、大浪とよの が、お椀型の素焼きしたせんべいに胡麻を錬ったものを考案。

生地の歯ごたえと、胡麻の甘さ、柔らかさでお客様から評判を頂きました。

 

そんなある日、馴染みのお客様に「亀の形ににているのでは・・・」といわれたことから、今までのお椀型から亀の甲羅の形に改良。ここにお客様の発案と、創始者の技が融合した「亀の子せんべい」が生まれました。

 

現在では、先人から受け継いだ味をさらに磨き、あらたに金胡麻を用いた「こがねせんべい」を開発。

 

お客様に喜んで頂くべく、胡麻の風味を生かす美味しさを、日夜追求し続けています。

 

との事です。(※店舗サイトから抜粋)

 

亀の子せんべい

店舗名でもある『亀の子せんべい』は、その名の通り亀の子の形をした煎餅です。

黒ゴマベースで、甘くて香りのいいおせんべいですよ。生地はカリッと、ゴマはしっとり触感で、本当に美味しいのでお勧めです!